学校教員が徹底解説!失敗しないPT/OT国試本の選び方

国家試験
ダイ吉
ダイ吉

こんにちは、理学療法士で
専門学校教員のダイ吉です!

本日のテーマは、PT/OTの国試本です。

昔と違って、国家試験の対策本の種類が増えたので、どれを買うべきか悩みますね。

プク太
プク太

僕に向いている本は、
どれなんだろう?

ダイ吉
ダイ吉

値段も高いから、絶対に
失敗したくないよね。

ということで、学校教員として国家試験対策している私が、PT/OTの国試本の解説と、失敗しない選び方を紹介したいと思います。

とにかく安心したい人向け

まずは、定番中の定番である、クエスチョンバンク、通称:QB(キュービー)です。

【共通問題】

【専門問題】

恐らく、ほぼ全員が買うと思われるので、友達との知識共有が可能になります。

本の内容としては、解説が丁寧で語呂合わせなどが多いため、確実に実力が付くでしょう。

プク太
プク太

よし、じゃこれに決定!

ダイ吉
ダイ吉

いや、デメリットもあるよ。

【メリット】
 ✅ 誰もが持っている安心感

 ✅ 2冊で済むので経済的

【デメリット】
 ✅ 分野ごとのドリルが少ない

 ✅ 解説が多くて果てしない

1冊が800ページ以上もあり、かつ1ページにびっしり解説があるので、慣れるまでは少し大変だと思います。

よって、お金を掛けたくない、荷物を増やしたくない、冒険したくない人向けですね。

完璧に把握したい人向け

次は、PT/OT国家試験必修ポイントです。

通称:色本(いろぼん)と呼ばれており、医歯薬出版株式会社より出版されてます。

【臨床医学】

【基礎医学】

本の内容は、数問の過去問を解かせた後に、その分野を解説していくタイプです。

【PT治療学】

【OT治療学】

【基礎OT学】

色分けされているので、並べると綺麗です。購買意欲を掻き立てられる感じがします。

プク太
プク太

よし、これに決めた!

ダイ吉
ダイ吉

いや、決めるの早いって…。

【メリット】
 ✅ 全ての分野がカバーできる

 ✅ 見た目でテンションが上がる

【デメリット】
 ✅ 全て揃えると2万円近くになる

 ✅ 覚えるコツや語呂などが少ない

苦手な○○学をやりたい!といった場合には、そこだけ集中して取り組めるため、全ての分野を完璧にしておきたい人向けですね。

学内模試を頑張りたい人向け

うちの学校では、学内模試の結果が悪い学生には、就職活動の許可が降りません。

ライバルに負けないためにも、学内模試をサクっとこなしたいところです。

そんな人に向いているのがこの本です。

過去5年分の問題が、そのまま並んでおり、1問ごとに解答と解説が書いてあります。

プク太
プク太

よし、まずこれを買おう!

ダイ吉
ダイ吉

いや、だから慌てんなって。

【メリット】
 ✅ 過去5年分の対策ができる

 ✅ 問題の直後に解答と解説がある

【デメリット】
 ✅ 解説はかなり端的で短い

 ✅ 分野ごとの勉強ができない

問題→解説→問題…、といったシンプル構成なので、知識を深めるというよりは、過去問に慣れるのに向いています。

また、パソコンにアプリを入れることで、書いて解く!クリックして解く!の2パターンで勉強することができます。

よって、最初に買うならこれかな?

知識の確認をしたい人向け

最後に紹介するのは、国試の達人です。

通称:国達(こくたつ)と呼ばれており、アイペックが出版している本ですね。

【運動解剖生理学】

【臨床医学】

【理学療法編】

【作業療法編】

過去問を並べ解説するのではなく、最近の出題傾向を独自に分析し、解剖・生理・運動学を、とことん勉強させる内容になってます。

【メリット】
 ✅ 全ての分野がカバーできる

【デメリット】
 ✅ 解説は少なく自己学習向け

 ✅ リハドリルと連携しないと厳しい

プク太
プク太

リハドリルって何なの?

ダイ吉
ダイ吉

オンラインで過去問を解く

有料ツールだよ!

体験版はこちら!

リハドリル 理学療法士・作業療法士・言語聴覚士を目指す人の国家試験対策オンライン演習サイト
リハナビは、リハビリテーションに関わる全ての方々を応援するサイトです。理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の国家試験対策コンテンツが満載。

個人的には、ある程度勉強を終えた人が、最後に知識を確認する用って感じかと。

名前の通り、達人向けですね…。

国試本で失敗しないために

では、国試本の有名どころを紹介したところで、失敗しないための心得です。

先輩から譲ってもらう

国家試験が終わったと同時に、国試本が不要になった先輩から、譲ってもらいましょう。

最新のものが望ましいですが、古い本でも十分に役に立ちます。とりあえず、使い心地を確かめるつもりで、タダでくれる先輩を探そう。

友達の本を見せてもらう

クラスの中には、フライング気味に国試本を買う人が、何人か出てくるはずです。

ちょっと見せてもらい、内容を見比べて、自分に合いそうかどうかを判断しましょう。

必要ならお金を掛ける

少しのお金をケチって、もし国家試験に不合格すれば、その何百倍も損をします。

国家試験は人生を左右します!

苦手な分野があれば、必要な本を買い揃えましょう。お金の掛け方を間違わないためにも、大胆な決断も必要ですよ。

おわりに

恐らく、国家試験対策期間は、国試本を肌身離さず持ち歩くと思います。

高ストレス状態が続くので、せめて自分が使っている本にイライラしないよう、納得したものを購入したいですよね。

クラスメイトとも情報交換をして、万全の状態で国家試験に臨みましょう!

ダイ吉
ダイ吉

それでは、自分に合った本が
見つかりますように!