凹凸の法則と関節包内運動!関節は滑り運動を意識して動かせ

セラピスト
ダイ吉
ダイ吉

こんにちは、理学療法士で
専門学校教員のダイ吉です!

本日のテーマは、凹凸の法則です。

何となくは勉強したけど、実は理解していないという人は、結構いると思います。

プク太
プク太

運動学で勉強したけど、
結局よく分からなかった。

ダイ吉
ダイ吉

じゃあ、滑り運動の方向だけ
おさらいしておこうか!

ということで、関節包内運動における、滑り運動に着目しながら、凹凸の法則について簡単に説明してみたいと思います。

スポンサーリンク

凹凸の法則とは

膝関節や仙腸関節などを除くと、大抵の関節はどちらかが凸で、もう一方が凹になってます。

この骨端の形状の違いが、関節運動によって、真逆の滑り運動を起こすんでしたね。

凹の法則

まずは、凹側の骨が動いた際におこる、関節包内での滑り運動を確認しましょう。

矢印とメモリを見ると、上側に運動した骨と一緒に、関節面も上側に滑っていますよね。

これが凹の法則になります。

凸の法則

続いては、凸側が動いた時の滑り運動です。

先程と同じく、骨は上に移動しています。

しかし良く見ると、関節面は下の方に、滑り始めているじゃないですか!

プク太
プク太

あれ、骨の動きは一緒なのに
おかしくない?

ダイ吉
ダイ吉

ね、不思議だよね。

これが、凸の法則になります。

このように、凹凸の法則を知っていれば、骨の運動に対する関節面の動きが、ある程度は予測できるということです。

関節を動かす時の意識

では、滑り運動の方向が分ると、どのようなメリットがあるでしょうか?

それは、ROM-exをする際の、関節の動かし方や固定方法に幅が出てくることです。

例えば、肩関節の外転運動をするのであれば、凸の法則に従って、上腕骨頭は下の方向に滑り運動をするはずです。

その時、もう一方の手で、上腕骨を下に押し下げるように誘導することで、スムーズな関節包内運動を起こすことができますね。

プク太
プク太

そっか、骨の滑り運動を
起こさせるんだね。

ダイ吉
ダイ吉

うん、これがROM-exの

効果が高めるんだよ。

このように、目に見えない関節包内の動きを、外からコントロールする場合には、凹凸の法則が知識として必要になってきます。

だから、関節を動かす前に、一瞬でもいいので、凹凸の法則を思い出しましょう!

おわりに

実は、凹凸の法則を知らなくても、何百回、何千回と関節を動かしていれば、その内に、固定方法や誘導方法は身につくはずです。

だから、あまり頭の中だけで完結させずに、患者さんに触れることを最優先して下さい。

知らないよりは知っていた方が良いが、それだけに頼っててもダメだからね!

ダイ吉
ダイ吉

それでは、凹凸の法則が
役に立ちますように!

慢性疼痛を徒手療法で治す!痛みの評価から治療までを完全解説|ダイ吉@教員×理学療法士|note
こんにちは、理学療法士のダイ吉です。 肩が痛い、腰が痛い、膝が痛い…。 こんな訴えを患者さんから聞くと、何とかしてあげたくなりますよね。 痛みが取れるセラピストになる!これは、私の学生時代からの目標で、今でも慢性疼痛について勉強をしています。 そこで今日は、慢性疼痛を改善させるための、徒手療法について解説をし...