安定性限界が拡がる!良い支持基底面の条件について

セラピスト
ダイ吉
ダイ吉

こんにちは、専門学校教員で
理学療法士のダイ吉です!

本日のテーマは、バランスです。

姿勢やバランスを語るには、安定性限界と支持基底面の関係を知っておきたいところです。

プク太
プク太

あ~、これ運動学の授業で
何となくやったかも…。

ダイ吉
ダイ吉

いや、何となくじゃく
しっかりやったはずだよ。

ま、うろ覚えの人も多いかと…。

そこで今日は、安定性限界が拡がる、良い支持基底面の条件を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

安定性限界とは

安定性限界は、目には見えません。

プク太
プク太

安定性限界って何だっけ?

ダイ吉
ダイ吉

支持基底面の中で、重心が
移動できる範囲だよ。

重心を移動してもバランスを崩さずに、姿勢が保持できる範囲が安定性限界となります。

そして、安定性限界の範囲は、支持基底面の質によって簡単に変化します。

ということで、目的の反応が出せるよう、良い支持基底面の条件を知っておきましょう。

良い支持基底面の条件

良い支持基底面の条件は、以下の3つです。

では、1つずつ解説していきます。

総面積が広いこと

面積が広ければ、姿勢や動作は安定します。

例え足が小さい人でも、足を横に広げて立てば、それだけで面積は大きくなります。

ダイ吉
ダイ吉

揺れる電車やバスに乗ると、
足を広げて立つよね。

プク太
プク太

あ~、たしかにそうかも。

また、杖や歩行器を使用すれば、支持基底面の形は、縦にも横に広がって行きます。

とにかく広ければ、それだけでバランスが安定するのが、支持基底面の特徴ですね。

左右対称であること

面積が広くても、左右非対称の支持基底面は安定性にばらつきが生じます。

下の図のように、重心が外れやすい方向と、外れにくい方向が出現するからです。

でも、これを上手に応用すれば、足の位置をセッティングすることで、バランスを崩しやすい動作が改善するかもしれませんね。

プク太
プク太

これは動作分析に使えるね。

ダイ吉
ダイ吉

うん、動作とバランスは
同時に評価するべきだよね。

スポンサーリンク

多角形である

最後は支持基底面の形です。

多くの頂点がある多角形が理想です。三角形より四角形、四角形よりも五角形ですね。

一辺が短い多角形では、外力に強く重心が外れにくいのに対し、一辺が長い三角形は、斜め方向に極端に弱くなります。

左右対称で広い面積の支持基底面も、どこかに弱点があればバランスは低下します。だから、形にもこだわりましょう!

以上、良い支持基底面の条件でした。

おわりに

重心や安定性限界は目に見えませんが、支持基底面は確認することができます。

よって、姿勢や動作を分析する時は、支持基底面の形を変えたり、荷重する場所を変えてみたり、色々と試行錯誤をしてみましょう。

自分が操作したことに対する、患者さんの反応を分析していけば、きっと上手にバンランス能力を把握できるはずですよ。

地道な作業が、最大の近道!

ダイ吉
ダイ吉

それでは、バランスの評価が
上手にできますように。

関連記事 リハビリ実習生に教えたい!評価するべき7つのバランス能力