変形性膝関節症のリハビリ!痛みよりも問題視するべきこと

セラピスト
ダイ吉
ダイ吉

こんにちは、理学療法士で
専門学校教員のダイ吉です!

本日のテーマは、変形性膝関節症です。

高齢者の女性の悩みである、膝の痛みは、ADLやQOLを大きく阻害しますよね。

プク太
プク太

膝の痛みはツライね。

ダイ吉
ダイ吉

リハビリで、何とか
してあげたいね。

変形性膝関節だと、パテラセッティングやって終わり!なんてリハビリが多いですよね。

そこで今日は、変形性膝関節のリハビリで、最も注目するべき問題点を解説してみます。

スポンサーリンク

変形性膝関節症とは

変形性関節症(膝OA)では、膝の内反変形により、内側半月板がすり減っていきます。

これによって、耐えがたい膝の痛みが出現し、患者さんを悩ませます。

外科的な手術(人工関節)や、関節注射などの対応をする方もいますが、リハビリでなんとかしたいと希望する人も多いです。

プク太
プク太

保存療法で何とかなるの?

ダイ吉
ダイ吉

ということで、リハビリで
何とかしようか。

痛みよりも着目すべきこと

O脚変形していない、正常な膝であれば、膝関節の適合が良いため痛みは出ません。

しかし、膝が内反変形することで、すり減ってダメージがある、膝関節の内側部で荷重をしなければならないんですよね。

よって、膝OAで重要な問題点とは、どうやって荷重をしても、必ず痛い場所でしか荷重できない!という部分になります。

この問題点を、筋力を鍛えて解決させるというのは、ちょっと考えが甘いんでないの?

スポンサーリンク

リハビリの進め方

では膝OAに対する、リハビリの進め方を解説してみたいと思います。

体重を減らす

まず、最も低コストかつ安全の、ダイエットで体重を減らすことです。

ただし、ウォーキングやジョギングなどでは、膝が余計に悪くなってしまいます。

水中での運動や筋トレ、食事療法などで、気長に取り組むしかありませんね。

装具に頼る

コストは掛かりますが、装具療法に頼れば、即時的に痛みを経験する可能性があります。

よくやるのが、膝装具で側方動揺を制御したり、インソールを使ってのO脚予防です。

プク太
プク太

ほ~、これなら苦労なく
対策ができるね。

ダイ吉
ダイ吉

じゃあ、次は治療の話ね!

膝をまたぐ筋のチェック

もし、私が膝OAの方を担当したならば、パテラセッティングではなく、膝をまたぐ筋肉を優先して治療します。

大腿四頭筋に縫工筋など、色々な筋肉がありますが、各筋の隠れた痛みを丁寧に探します。

経験上、腓腹筋の圧痛を取ってあげると、膝の痛みが大きく軽減します。

あと、外側広筋と腸脛靭帯を、まとめてマッサージするのも効果的でしたね。

プク太
プク太

何で膝の痛みが軽くなるの?

ダイ吉
ダイ吉

う~ん、きっと変な荷重で
蓄積されたんじゃない。

変な歩き方で、腓腹筋の血流が悪くなり、それが痛みとなって膝の痛みを増強させた?

こう考えると、スッキリします。ということで、騙された思って治療してみて下さいな。

慢性疼痛を徒手療法で治す!痛みの評価から治療までを完全解説|ダイ吉@教員×理学療法士|note
こんにちは、理学療法士のダイ吉です。 肩が痛い、腰が痛い、膝が痛い…。 こんな訴えを患者さんから聞くと、何とかしてあげたくなりますよね。 痛みが取れるセラピストになる!これは、私の学生時代からの目標で、今でも慢性疼痛について勉強をしています。 そこで今日は、慢性疼痛を改善させるための、徒手療法について解説をし...

おわりに

膝が痛いってリハビリに来たのに、パテラセッティングだけやって帰らされたら、確実にクレームを入れますけどね…。

きっちり結果を出すなら、患者さんもツライ思い、痛い思いをさせる必要があります。

だから、変な歩き方で生じた隠れ筋スパズムを、徹底的にやっつけて行きましょう!

ダイ吉
ダイ吉

それでは、膝の評価と治療が
上手に進みますように。