イニシャルコンタクトとは?踵から着くメリットと必要な筋活動

歩行
ダイ吉
ダイ吉

こんにちは、理学療法士で
学校教員のダイ吉です!

リハビリ実習生や新人セラピストからしてみると、歩行分析って未知の世界ですよね。

私も学生時代はチンプンカンプンで、とりあえず関節を書く!筋力低下と結び付ける!といった作業をしていました。

まぁ、当然つまらないんですよね…。

プク太
プク太

正直、よく分からないよ。

ダイ吉
ダイ吉

お手本もないし、難しいよね。

そこで今日は、歩行観察で最も分かりやすい、イニシャルコンタクトという相に着目し、筋活動や関節運動を解説します。

いきなり全部の歩行周期は無理でも、この相だけなら分析できそうですよね。では、頑張って付いてきてください!

スポンサーリンク

イニシャルコンタクトとは?

英語を日本語にすると、

イニシャル(Initial)= 初期

コンタクト(Contact)= 接地

初期接地になるので、立脚相がどこから開始したのかを観察することになります。

 ✅ つま先から初期接地

 ✅ 足底全面で初期接地

 ✅ 踵から初期接地

まずは横から眺めて、1番最初に床に触れた場所を確認しましょう。

私は、学生の頃からランチョ・ロス・アミーゴ方式で教えられたので、踵接地というよりはイニシャルコンタクトに慣れています。

カルテなどに記載するときは、頭文字を取ったIC(アイシー)で済ませると便利ですよ。

観察のポイント

それでは、イニシャルコンタクトの観察ポイントを挙げていきますね。

ピクチャーで捉えること

歩行分析の難しいところは、関節や重心が動き続けていることです。そのため何を捉えたらよいのか分からず、すぐに見失ってしまいます。

しかし安心して下さい。

このイニシャルコンタクトは、ピクチャーとして、瞬間的な一面を抜き出すだけでOK。

まずは静止画として、足部が床に接地した瞬間を、絵で捉えるようにしましょう。

ダイ吉
ダイ吉

カメラでパシャっと撮る感じ!

踵から着くメリット

先程、初期接地を観察すると言いましたが、踵から接地するには理由があります。

プク太
プク太

なぜ踵から着く方が良いの?

ダイ吉
ダイ吉

うん、衝撃吸収に関係するんだ。

重さ300tの旅客機を見てみましょう。

着陸する時に機首を上げ、後輪 → 前輪の二段階に衝撃を分散させていますよね。

人間の身体も一緒です。

踵 → 足底面の順番で接地する方が、膝や腰への負担が軽減できるんですよね。

プク太
プク太

ふ~ん、衝撃吸収か。

ダイ吉

足の裏全面で着地すると、
ドスンって音が鳴っちゃうよ。

スポンサーリンク

必要な筋活動

ここで着目する筋肉は、以下の2つ。

足関節を底屈させないための前脛骨筋と、踵で床を踏みしめるための大臀筋になります。

プク太
プク太

前脛骨筋は分かるけど、
なんで大殿筋が活動するの?

ダイ吉
ダイ吉

それは床反力に負けないため。

ボールを床に叩きつけると、バウンドして跳ね返ってきますよね。これと一緒で、踵が地面に着地する時も、床反力(反発力)が生じます。

その床反力は、足関節を急激に底屈させ、股関節を屈曲させる力に変化します。

その力に負けないために、足関節背屈筋群の前脛骨筋と、股関節伸展筋の大殿筋が頑張ってくれているってことですね。

プク太
プク太

へ~、そうだったんだ。

筋活動を確認しよう

ためしに、自分の大殿筋を触知しながら、踵から接地するように歩いてみましょう。

指を立てて、強く押し込むのがコツです。

プク太
プク太

おおー、踵が着くと同時に
大臀筋が指を押し返してくる!

ダイ吉
ダイ吉

ね、イニシャルコンタクトで
大臀筋が活動してたでしょ。

残念ながら、前脛骨筋は触知しながら歩けませんので、足関節をよく観察して、床反力に負けていないか確認して下さい。

おわりに

さて、イニシャルコンタクトで踵から着くメリットと、必要な筋活動を解説しました。

最後におさらいしておきましょう。

【イニシャルコンタクトの評価】
 ①どこから接地しているか観察せよ

 ②床反力に負けていないか確認せよ

 ③大殿筋の筋活動を触って確認せよ

この相は一瞬で終わってしまいますが、何度も繰り返し練習をすれば、短時間で評価できるようになるはずです。

そこまで上達したら、次はローディングレスポンスの観察に進みましょう!

関連記事 ローディングレスポンスとは?荷重応答に必要な筋活動を解説

ダイ吉
ダイ吉

それでは、歩行の初期接地が
上手に観察できますように!