プリセプターは要注意!新人セラピストのやる気を下げる行動

セラピスト
ダイ吉
ダイ吉

こんにちは、専門学校教員で
理学療法士のダイ吉です!

本日のテーマは、新人セラピストの指導です。

4月から指導を受ける人、初めて後輩を指導する人、どちらも期待と同じくらい不安があるかと思います。

新人PT
PT

どんな新人さんなのか
気になるな~。

ダイ吉
ダイ吉

相性は大事だよね。

やる気のある新人でも、指導を間違えばやる気を失くして退職してしまうことも…。

そこで今日は、私のプリセプターとしての経験から、新人セラピストとの関わり方について、アドバイスしてみようと思います。

スポンサーリンク

リハビリ現場の新人教育

医療系の新人教育は、プリセプター制度が導入されることが多いです。

<プリセプター制度>
指導される側と指導する側が、マンツーマンで一定期間の臨床指導をする方式。
 ・プリセプター:指導する側
 ・プリセプティ:指導される側

病院によっては、お世話係や指導係など、様々な呼び方があると思います。

新人PT
PT

うちはマンツーマンが
基本になってます。

ダイ吉
ダイ吉

じゃプリセプター制度だね。

数人のチームで動く場合もありますが、最近ではマンツーマンが主流ですね。

新人のやる気を下げる行動

プリセプターと上手く行かず、1年足らずで退職していく新人を何人も見ました。

こんな行動は、かなり危険ですよ!

感情的に叱る

今の若者は、怒られることに慣れていません。

とにかく、声を荒げて叱ったり、怖い表情を見せてはいけません。

一発で距離を置かれることになるでしょう。

忙しさを見せる

忙しいから話掛けるなオーラを出すのもNG

新人セラピストは、いつでも不安。あなたに聞きたいことが色々とあるはず。

いつ話しかけられても、「なんだい?」って笑顔で対応してあげましょう。

主観的な指示を出す

能力が低い人ほど、指摘や指示が曖昧です。

 もうちょっと何とかならない?

 もっとしっかり考えようよ。

 こうした方がいいかもね…。

新人が混乱するだけのクソバイスは不要!

何が良くて何がダメなのか、何をいつまでにどうすれば良いのか、具体的でイメージしやすい指示を心がけましょう。

スポンサーリンク

長時間のフィードバック

最後は就業後の、長時間フィードバックです。

プリセプターにしてみれば、あれも教えなきゃ、これも言ってあげなきゃと、お節介になりがちです。

しかし、あれやこれやと言っても、新人セラピストのキャパはすでに一杯なはず。

早く帰れるよう、指導する量は少な目に。

新人のやる気を上げるには

新人セラピストのやる気を上げる方法は1つ。

活躍している、プリセプターの背中を見せつけてあげるだけでOK!

 この人の役に立ちたい

 この人に認められたい

 こんなセラピストになりたい

と思わせることで、新人セラピストのやる気は爆上げするはずです。

PT

新人にそう思われるよう
僕も頑張らなきゃ。

ダイ吉
ダイ吉

一緒に切磋琢磨しながら
成長できるといいね。

よって、余計な小細工は不要ってこと。

おわりに

さて、新人のやる気を下げないための、プリセプター向けの注意点を書いてみました。

個人的に新人教育は楽しいです。

だって新人セラピストのお陰で、自分も成長できるので、業務と感じたことはありません。

だから、プリセプターを務める皆さんも、楽しみと捉えて欲しいなと思います。

ダイ吉
ダイ吉

それでは、新人と良い関係が
築けますように!