計算が苦手な人専用!メッツを使った消費カロリーの求め方

国家試験
ダイ吉
ダイ吉

こんにちは、理学療法士で
専門学校教員のダイ吉です!

本日のテーマは、消費カロリーの計算です。

PTやOTの国家試験では、METsを使って消費カロリーを計算させる問題が出ます。

プク太
プク太

う~ん、計算となると
僕はもうお手上げ!

ダイ吉
ダイ吉

早っ、諦めるの早っ!

でも大丈夫、安心して下さい。

今日は、計算が苦手な人に向けて、超絶シンプルな問題の解き方を用意してますよ!

スポンサーリンク

METs(メッツ)とは

Metabolic Equivalentsの略で、運動強度を表す単位になります。

【1METs】
体重1kgあたり、3.5mlの酸素を消費する運動(安静座位など)

一般生活を送ること自体は、3METs程度といわれてますので、4METs以上の動作を意識しないと、運動不足になるということです。

では、このメッツを使って、運動における消費カロリーを調べてみましょう。

しっかり計算したい人向け

ちゃんと理論を知った上で、きちんと計算したい人は、以下の方法で進めて下さい。

1分間の酸素消費量

まず最初に、以下の計算をします。

体重(kg)× 3.5mℓ=1分間の酸素消費量

体重70kgの人だと、 70 × 3.5mℓとなるため、1分間で消費する酸素は245mℓです。

プク太
プク太

うん、これ位の計算なら
なんとかイケる!

ダイ吉
ダイ吉

え、これで何とか…?

運動をした時間を掛ける

1分間の酸素消費量が分かったので、後は運動をした時間を掛け合わせましょう。

例えば、1時間の運動した場合、先ほどの数字に60を掛けるってことです。

 245mℓ × 60分 = 14,700mℓ

酸素消費量をℓに換算する

mℓだと単位が小さいので、1,000で割ってℓに換算しておきましょう。

プク太
プク太

え、何で1,000で割るの?

ダイ吉
ダイ吉

え、マジで言ってる?

なぜ、1,000で割るのかは置いておいて、とりあえずこの作業をして下さい。

14,700mℓ ÷ 1,000 = 14.7ℓ

ℓをkcalに換算する

酸素消費量1ℓにつき、5kcalを消費しますので、先ほどの数値に5を掛けてみましょう。

プク太
プク太

え、掛け算?なんで…。

ダイ吉
ダイ吉

いや、もう黙ってて!

計算が苦手な人は、既に頭がチンプンカンプンだと思いますが、作業を続けます。

14.7ℓ× 5kcal= 73.5kcal

ということで、体重70kgの人が1時間座っていると、73.5kcal ほど消費します。

だから、2METsの運動をすれば倍、3METsになれば、さらに3倍に消費カロリーが増えていくことになります。

理学療法士の国試対策!最速・最短で平均点をUpさせる方法
理学療法士で教員の私が、短期間で確実に平均点が上がる方法を教えます。それは、神経筋疾患の分野に力を入れることです。対象の疾患は毎年使いまわしの問題ばかりなので、確実に点が増えます。そこで今日は、この分野の勉強方法について紹介してみたいと思います。

計算が苦手な人向け

それでは、今までの解説が全く分からなかった人に向け、とっておきの計算式を紹介してみたいと思います。

プク太
プク太

え、早く教えて!

ダイ吉
ダイ吉

イナゴだよ。

プク太
プク太

え、イナゴ?

昆虫が苦手な人でも、イナゴを使って計算すれば、消費カロリーが計算できます。

厳密には0.0175なんですが、先に175を掛けてから、最後に0を4つ取ってもOKです。

【ざっくりとした計算式】

① 体重(kg)× 時間(分)× 0.0175

② その答えにMETsを掛ける

これに先程の例を当てはめてみると

① 70kg × 60分 × 0.0175 = 73.5kcal

② 73.5kcal × 1METs = 73.5kcal

もしくは、

① 70kg × 60分 × 175 = 735,000kcal

② 735,000kcalから、0を4つ取る

③ 73.5kcal × 1METs = 73.5kcal

ね、さっきと一緒になったでしょ。

プク太
プク太

え~、本当にこれで解けるの?

ダイ吉
ダイ吉

うん、METsが変っても
ちゃんと解けるよ。

では、他の条件で計算をしてみましょう。

練習問題その1

快適な歩行(3METs)を、体重64kgの人が80分間した場合の消費カロリーは?

プク太
プク太

えっと、体重と時間に
0.0175に掛けて…

ダイ吉
ダイ吉

そうそう、その調子!

【普通の解き方】

① 64kg × 3.5mℓ= 224mℓ

② 224mℓ× 80分 = 17,920mℓ

③ 17,920mℓ÷ 1,000 = 17.92ℓ

④ 17.92ℓ× 5kcal = 89.6kcal

⑤ 89.6kcal × 3METs = 268.8kcal

簡単な計算だと、こうなります。

【イナゴの解き方】

① 64kg × 0.0175 = 1.12

② 1.12 × 80分 = 89.6kcal

③ 89.6kcal × 3METs = 268.8kcal

やっぱり、同じになりましたね。

もし理論はどうでもいい、国家試験だけ解ければいいや!って人は、この方法でどうぞ。

練習問題その2

では、国家試験の過去問を使って、さっそく腕試しと参りましょう!

体重80kgの患者に対して5METsの運動を30分処方した。この場合のエネルギー消費量(kcal)はどれか。ただし、1METsは3.5mlO2/kg/min、酸素1L当たりのエネルギー生産量は5kcalとする。

1) 70
2)140
3)210
4)280
5)350

普通の解き方でも、イナゴを使った解き方でも、得意な方でチャレンジしてみてね。

ダイ吉
ダイ吉

解答は最後に書いておくね。

プク太
プク太

よし、やってみるか!

おわりに

さて、計算が苦手な人向けに、METsと消費カロリーの関係を、簡単に解説しました。

でも国家試験では、酸素消費量からMETsを求めろ!といった、逆パターンの問題もあるため、理論も分かっていた方が良いでしょう。

だから、1つの計算式を暗記するのではなく、解き方を理解した上で、国家試験の当日に臨んで欲しいと思います。

ダイ吉
ダイ吉

それでは、消費カロリーの
計算が成功しますように。

理学療法士の国試対策!最速・最短で平均点をUpさせる方法
理学療法士で教員の私が、短期間で確実に平均点が上がる方法を教えます。それは、神経筋疾患の分野に力を入れることです。対象の疾患は毎年使いまわしの問題ばかりなので、確実に点が増えます。そこで今日は、この分野の勉強方法について紹介してみたいと思います。
PT国家試験対策!平均点を上げたいなら神経筋疾患をやれ|ダイ吉@教員×理学療法士|note
理学療法士国家試験では、神経筋疾患の問題が15点分ほど出ます。これを完璧に対策することで、効率よく平均点を上げることができます。はっきり言ってこの分野はおいし過ぎる!!

【練習問題2の解答】

80kg × 30分 × 0.0175 = 42kcal

42kcal × 5METs = 210kcal

よって、答えは(3)だよ!