歩行中の中殿筋の役割と異常歩行への関与を徹底解説!

歩行
ダイ吉
ダイ吉

こんにちは、リハビリ専門学校で
教員をしているダイ吉です!

本日の話は、歩行中の筋活動についてです。

歩行の評価というのは、遠くから眺めているだけではなく、筋をしっかり触診しながら進めることが重要です。

慣れないと、セラピストの手が邪魔で、患者さんの歩容が変わってしまうこともあります。

プク太
プク太

歩行中の触診は難しいよね。

ダイ吉
ダイ吉

まずは、対象者の歩幅と歩調に
合わせて歩けるようになろう!

今日、着目する中殿筋は、歩行の中でも特に重要な役割を持つ筋肉です。

中殿筋のトラブルは、即、異常歩行に直結しますので、その仕組みや、筋の触り方についても解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

中臀筋について

それではまず、中殿筋に関する解剖学、運動学を軽くおさらいしてみましょう。

中臀筋の形は?

中臀筋の 起始は腸骨後面で、 停止は大転子となっています。

でも実際は、起始は上後腸骨棘から、腸骨稜に沿って上前腸骨棘まで広がり、そこから大転子を頂点とする扇型になっています。

関節運動は?

主な関節運動は、股関節の外転です。

でも、前面の筋線維が優位に活動すると屈曲と内旋に関与し、後面の筋線維が優位に活動すると伸展と外旋にも働きます。

ダイ吉
ダイ吉

内転以外の運動に働くんだよ。

プク太
プク太

ほ~、マルチな筋肉だね。

支配神経は?

支配神経は、上殿神経(L4~S1)です。

実は、中殿筋は面積が広い割に、重要な神経や大きな血管が走行していません。

だからお尻に打つ筋肉注射は、中殿筋が選ばれるんですね。

プク太
プク太

へぇ、そうだったんだ。

ダイ吉
ダイ吉

坐骨神経に刺したら
大変だからね。

歩行中の中殿筋の役割

それでは、中殿筋のおさらいをした所で、歩行での役割に移っていきますね。

活動する歩行周期

歩行周期において、この筋が活動するのは、立脚中期(MSt)です。

ちょっと、自分の身体確かめましょう!

大転子の上にある隙間に、自分の指を強めに押し込んだまま歩いてみて下さい。

立脚中期で荷重が移ると同時に、指が押し返されるのを感じ取れると思います。

プク太
プク太

片脚になった瞬間、
もの凄く押し返されたよ。

ダイ吉
ダイ吉

患者さんへの触診も
ここを触ってみようね。

過剰な内転の防止

立脚中期で片脚支持になると、骨盤は重力により回転運動(落下)を始めます。

この時、支持側の中殿筋が活動することで、急激な股関節の内転を防止してくれます。

この時の筋活動は遠心性収縮で、荷重移動に伴う、骨盤の側方移動にブレーキを掛けます。

この活動により骨盤が安定するため、しっかり足を挙げた歩行が可能になるんですね。

スポンサーリンク

関連記事 中殿筋の筋出力Upで改善したトレンデレンブルグ歩行の一例!

体幹側屈の防止

骨盤の回転運動が起こると、運動連鎖により体幹の側屈(代償運動)が生じます。

中臀筋は骨盤に付着しているので、この筋肉だけでは、この代償は防止できません。

そこで、脊柱起立筋に補助を頼みます。

中臀筋の収縮に合わせ、反対側の脊柱起立筋群が活動することで、回転しようとする骨盤を制御することができます。

これなら骨盤を水平に保てますね。

ダイ吉
ダイ吉

立脚中期は、同側の中殿筋と
対側の脊柱起立筋に注目!

異常歩行への関与

それでは、中殿筋が関与する、異常歩行について解説をしていきます。

トレンデレンブルグ歩行

異常歩行の中でも知名度が高く、観察でも分かりやすいのが、トレンデレンブルグ歩行です。

この歩行は中殿筋歩行とも呼ばれ、立脚中期で、中殿筋の機能が不足することで起こる、有名な現象になります。

動画を観てみると解ると思いますが、右足を挙げた瞬間に、骨盤が右へ落下していますね。

まぁ、右手で杖持てよ!と思いますが…。

体重がある方だと、中殿筋の筋力で支えるには荷が重すぎますので、ダイエットも視野に入れるべきでしょう。

プク太
プク太

うっ、ダイエットか…。

ドュシェンヌ歩行

中殿筋が関与する、もう1つの異常歩行には、ドュシェンヌ歩行があります。

トレンデレンブルグ歩行と違い、立脚側の下肢の上に頭部が来るよう、同側への側屈が生じる歩容になります。

現象が、反対側に出現するトレンデレンブルグ歩行と、同側に出現するドュシェンヌ歩行。

この2つの違いは、臨床でも良く出会うので、必ず覚えておきましょう!

関連記事 トレンデレンブルグ歩行とドュシェンヌ歩行の違いと原因!

おわりに

さて、今回は歩行中の中殿筋にスポットを当てて、役割や触り方を解説しました。

やはり歩行分析には、筋活動に関する知識と、触診技術が求められます。解剖学と運動学を復習しながら、たくさん経験して下さい。

ダイ吉
ダイ吉

それでは、歩行分析が
上達しますように!

慢性疼痛を徒手療法で治す!痛みの評価から治療までを完全解説|ダイ吉@教員×理学療法士|note
こんにちは、理学療法士のダイ吉です。 肩が痛い、腰が痛い、膝が痛い…。 こんな訴えを患者さんから聞くと、何とかしてあげたくなりますよね。 痛みが取れるセラピストになる!これは、私の学生時代からの目標で、今でも慢性疼痛について勉強をしています。 そこで今日は、慢性疼痛を改善させるための、徒手療法について解説をし...