相分けは簡単にできる!5つのポイントで動作を分割せよ

姿勢・動作
ダイ吉
ダイ吉

こんにちは、理学療法士で
専門学校教員のダイ吉です!

学生の皆さん、評価実習や治療実習で、動作分析に苦労した経験はありませんか?

実習では、SVから「ちゃんと相分けしろ!」と怒られますが、そもそも相分けって、学校でしっかりと習いましたか?

プク太
プク太

いや~、あまり記憶に…。

ダイ吉
ダイ吉

じゃ、実習に行く前に、

おさらいをしようか。

ということで、今日は動作の相分けにおいて、絶対に見逃してはいけない瞬間を、紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

相分けとは

動作は複雑なので、問題点や原因を追究する前に、特定の区間で分割する作業をします。

例えば、「食事動作で困っている」という情報があっても、一体どの部分が困っているか、見当もつきませんよね。

そこで、大まかに区切ってみましょう。

【食事動作の流れ】
 ① 箸やフォークを持つ
 ② 食べ物を掴む・すくう
 ③ 口元に食べ物を運ぶ
 ④ 口を開いて入れる
 ⑤ 咀嚼して飲み込む

この作業により、指の力が無くて箸で掴めない人と、歯が無くてモノが噛めない人を、区別することができました。

ダイ吉
ダイ吉

ターゲットが絞れたでしょ?

プク太
プク太

なるほど、たしかに別だね。

このように、相分けをするだけでも、動作の問題点を特定する手がかりになるのです。

相分けのポイント

相分けをする際は、以下の5つのポイントを探して、動作を分割して下さい。

支持基底面の変化

まず最初に、外せないのが支持基底面です。

両足から片脚になれば、支持基底面が狭くなることで、バランスは不安定になります。

動作では、支持基底面の形・面積が、コロコロ変化していますので、変化した瞬間は相分けのチャンスです!

 ※支持基底面の仕組みはコチラでどうぞ!

関連記事 良い支持基底面とは?バランスを左右する3つの条件

運動の方向の変化

次は、複雑な関節運動に注目して下さい。

そこで、「あ、方向が変わった!」と思った時があれば、そこで相分けをしてみます。

例えば立ち上がり動作では、離殿直後に体幹と股関節が、屈曲から伸展に切り替わります。

ダイ吉
ダイ吉

運動が変化してるでしょ?

プク太
プク太

真逆の方向になってるね。

その他にも、内転から外転、屈曲から水平伸展など、運動方向の変化は要チェックですよ!

スポンサーリンク

荷重する場所の変化

空中に浮かない限り、必ず身体のどこかで荷重をしているはずです。

起き上がり動作の、オンエルボーからオンハンドのように、荷重を掛ける場所が変化した瞬間は、かならず相を分割しましょう。

右足 ⇒ 左足で荷重! 足部 ⇒ 両膝で荷重!

パターンは色々ありますね。

プク太
プク太

う~ん、結構大変な作業かも。

ダイ吉
ダイ吉

ふふ、まだ2つ残ってるよ。

代償動作の出現

続いては、正常な動作では起こらないはずの、代償動作が出現した瞬間です。

動作中に、「あ、今ズルをした!」と思った動きがあれば、そこを抜き出します。

例えば食事動作において、

1相:右手で箸を持つ

2相:食べ物を箸で掴む

3相:体幹を屈曲させ、口を近づける

4相:食べ物を口に入れる

5相:咀嚼して飲み込む

このように相を分けることで、どこに動作の問題点があるのかが明確になります。

プク太
プク太

なるほど、その他の動作には
問題がないって分るね。

ダイ吉
ダイ吉

介入のターゲットが、
絞りやすくなるでしょ。

ぼ~っと眺めてたら見逃しちゃうよ!

介助が必要な時

動作の中で、部分的に介助が入る時も、必ず相を分割しておきます。

部分介助は、様々なパターンがあります。

【移乗動作の一例】

1相:車イスから立たせてもらう

2相:方向転換を手伝ってもらう

3相:座るのは自分一人でできる

このように、途中まで手伝って貰えば、残りは1人でできるパターンもあれば、

【起き上がり動作の一例】

1相:布団を剥いでもらう

2相:自分で寝返りをする

3相:手摺りを掴ませてもらう

4相:起き上がりは自分一人でできる

断続的に介助が入るパターンもあります。

このように相分けすれば、動作の問題がどこにあるのか、一目瞭然ですね。

プク太
プク太

苦手な部分がハッキリしたね。

ダイ吉
ダイ吉

あとは優先順位を決めて、
細かい分析に進めばOKだよ!

動作分析が苦手だ!って人は、まずはこの5つの瞬間を見極めて、相を分けることから始めてみましょう。

おわりに

今回説明した5つのポイントは、複数が同時に変化する場合がほとんどです。

何個も欲張って分析するのではなく、落ち着いて1つずつ相を分けを進めましょう。

そのうち、2個 ⇒ 3個と、同時に情報を処理できるようになります。

慌てちゃダメダメ!

ダイ吉
ダイ吉

それでは、動作の相分けが
上手にできますように!