ゆっくり座れない人専用!すぐに効果が出る着座動作の訓練

姿勢・動作
ダイ吉
ダイ吉

こんにちは、理学療法士で
専門学校教員のダイ吉です!

本日のテーマは、着座動作です。

1人で立てるけど、ゆっくり座れずに、ドスンっと座ってしまう人っていますよね。

プク太
プク太

腰掛ける時に危なっか
しい人いるよね。

ダイ吉
ダイ吉

見ててヒヤヒヤしちゃうよ。

でも、立ち上がる能力があるのなら、その部分を上手く引き出すことで、即時的に着座動作を改善させることが可能なんです。

ということで今日は、すぐに効果が出る、着座動作の訓練を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ゆっくり座れない人

ドスンと座ってしまうことで、背骨を圧迫骨折してしまう人が、結構な割合でいます。

この原因は、矢状面からの観察で分かります。

お辞儀が浅く、前傾する動きが小さいため、着座時に後方荷重になってしまうのです。

プク太
プク太

じゃあ、やっぱり筋力が
弱いってことなの?

ダイ吉
ダイ吉

いや、必ずしもそうだとは
言い切れないんだよね。

その理由は、次の訓練をさせると分かります。

効果的な着座動作の訓練

必要な物品は、台やテーブルだけで、2ステップでできる簡単な内容です。

台を使って着座する

まずは対象者の前に、座面よりも少し高い、台かテーブルを設置して下さい。

そして次は、手を台に置くようにお辞儀させ、上肢で体重を受け止めてから座らせます。

ダイ吉
ダイ吉

上肢の筋力のお陰で、
安心して座れるはずだよ。

プク太
プク太

うん、簡単な課題だね。

徐々に上肢に頼る割合を減らし、最終的には軽く触れるだけで、座れるまで繰り返します。

この課題ができる人ならば、筋力の影響は少ないので、次のステップに進んで大丈夫です。

台をイメージして着座する

台に軽く触れるだけで、危なげなく座れるようになったら、もう台は撤去してOK。

そして次は、台があるものだと想像させ、もう一度、同じ動作をやらせてみましょう。

さっき使っていた台が、残像のように残っているため、大抵の人は同じモーションで、ゆっくりと着座ができるはずです。

最初の練習で、必要な筋活動は学習しているため、それほど難しくないはずですよ。

プク太
プク太

へぇ、イメージだけで
変るもんなんだね。

ダイ吉
ダイ吉

うん、台の練習で自信が
付いているからね。

勘が良い人なら、数分で動作が改善するよ!

後は着座に慣れるだけ

2~3日練習して、もう声掛けも台のイメージも不要になれば、介入は終了ですね。

 無意識に荷重をコントロールできれば、もう着座でドスンっと鳴ることはないでしょう。

【おまけ】
この訓練方法は、手順を逆にするだけで、立ち上がり動作の訓練になる。離殿相で上手く荷重が足に乗らない人は、この訓練で、すぐに立てるようになることが多い。

プク太
プク太

でも、何で即時的に動作が
改善するのかな?

ダイ吉
ダイ吉

やっぱ、筋活動の学習効果と、
本人の自信なんじゃない?

患者さんに、自信を付けさせることは超大事!これもセラピストの立派な仕事ですな。

おわりに

さて、ゆっくり座れない人に向け、安全な着座動作を獲得するための訓練を紹介しました。

立ち上がり動作も大事ですが、やっぱり骨折などの怪我を防ぐなら、着座動作にもしっかりアプローチしたいところですね。

その他にも、おかしい!怪しい!と思う動作があれば、逆回転でやらせてみよう。

ダイ吉
ダイ吉

それでは、着座動作が上手に
指導できますように。

関連記事 【動作分析】立ち上がり動作に必要な筋活動と関節運動!