姿勢観察は身体の中心から!骨盤の傾きと股関節の関係を解説

姿勢・動作
ダイ吉
ダイ吉

こんにちは、専門学校教員で
理学療法士のダイ吉です!

理学療法士が行う姿勢の評価は、まず骨のアライメントを確認することから始めます。

その中でも、身体の中心にある骨盤は、脊柱と下肢をつなぐ重要な役割を持つため、姿勢の評価には欠かせないパーツですよね。

プク太
プク太

でも、骨盤の動きって
複雑なんだよな。

ダイ吉
ダイ吉

いや、実際はそうでもないよ。

姿勢観察が苦手!という人は、きっと骨盤の動きを、複雑に考えているだけだと思います。

そこで今日は、姿勢に大きな影響を与える骨盤の観察ポイントを、股関節との関連性を絡めて解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

骨盤の解剖

実は、骨盤は解剖学用語ではありません。

骨盤は、腰椎と連結する仙骨、大腿骨と連結し股関節を形成する寛骨、脊柱の終点である尾骨からなる剛体になります。

プク太
プク太

ほ~、そうだったんだ。

ダイ吉
ダイ吉

寛骨は、腸骨・恥骨・坐骨が
合体したものだったね。

骨盤の運動

骨盤は、構成する骨同士が、靭帯で強固に結合されているため、ほとんど動きません。

唯一可動性があるのが、仙骨と腸骨で構成されている仙腸関節になります。

形状は平面関節で、数ミリしか動きません。

プク太
プク太

え、だってさ、よく骨盤の
回旋って言うじゃん?

ダイ吉
ダイ吉

いや、骨盤は回旋しないよ?

骨盤は剛体なので、この塊が折れ曲がったり、捻じれたら怖いですよね…。

骨盤の運動については、後ほど解説します。

骨盤の位置について

続いては、骨盤の位置を確認する方法です。

ASISとPSISをランドマークにして、以下の基準で位置を確認してみましょう。

骨盤の中間位

骨盤の中間位は、ASISよりもPSISの方が、少し(1~2横指)だけ高い状態を指します。

横から指で触り、2つのランドマークの高さを比べてみましょう。

骨盤前傾位

腰を反り返らせるような姿勢では、骨盤が前傾しているはずです。

このような姿勢では、PSISの位置がASISよりも、かなり(3横指以上)高くなって状態になります。

腰椎を伸展させると、一緒に骨盤も前に傾くので、運動が連動しているのが分りますね。

プク太
プク太

本当だ、一緒に動いてくるね。

ダイ吉
ダイ吉

これを運動連鎖って呼ぶんだよ。

骨盤後傾位

最後は、ネコ背になる悪い姿勢です。

骨盤は後傾しているので、PSISがASISよりも下がっている状態になります。

もし、ASISとPSISが同じ高さなら、それは骨盤後傾位と判断してOKですよ!

スポンサーリンク

骨盤と股関節の関係

骨盤の傾きは、腰椎よりも股関節の影響の方が大きく、そして重要です。

それでは、3つの面から確認していきます。

矢状面の傾き

よく、骨盤の前傾運動!と言う人がいますが、先ほども説明した通り骨盤は骨の塊です。

実際に、骨盤が前傾・後傾するのは、

このように、股関節が屈曲するか、伸展するかによって決まります。

よって姿勢を観察する際は、股関節の傾きと一緒に、股関節の可動域も評価しましょう!

プク太
プク太

なるほど、気づかんかった。

ダイ吉
ダイ吉

服があると分かりにくいので、
評価する時は注意しようね。

前額面の傾き

続いては、前額面上の骨盤の傾きです。

脚長差があったり、脊柱の側弯があると、立位姿勢おいて傾きが起こります。

その場合は、落下している側の股関節が外転位となり、反対側は内転位になります。

ということは、股関節の内外転に可動域制限がある場合は、前額面上の姿勢に大きな影響が出てくることになりますね。

水平面の回転

さて、最後は骨盤の回転運動です。

プク太
プク太

え、だから回旋じゃないの?

ダイ吉
ダイ吉

いや、回旋じゃなくて回転!

勘違いしやすいのですが、回旋しているのは骨盤ではなく、両側の股関節です。

身体を捩じる動作では、股関節が内旋、もしくは外旋しているのが分かります。

もっと厳密にいえば、股関節の内旋+屈曲、外旋+伸展の複合的な運動になります。

この動きは、様々な動作に必要になりますので、腰椎の回旋と一緒に評価をして下さいね。

プク太
プク太

そっか、骨盤は股関節に
動かされていたんだね…。

ダイ吉
ダイ吉

骨の塊が動いたら怖いもんね。

身体の中心から姿勢観察をしても、骨盤だけに注目していたら、視野は狭くなりますよ!

おわりに

さて、姿勢観察の苦手意識は減りましたか?

最初は難しいと思いますが、やはり隣接する関節との影響を知らなければ、姿勢も動作も評価は進まないと思います。

そのためにも、解剖学と運動学を勉強し、観察の練習を続けましょう!

ダイ吉
ダイ吉

それでは、骨盤の評価が
上手にできますように!

関連記事 正常な姿勢って何なの?変化させる能力と保持する能力を評価

慢性疼痛を徒手療法で治す!痛みの評価から治療までを完全解説|ダイ吉@教員×理学療法士|note
こんにちは、理学療法士のダイ吉です。 肩が痛い、腰が痛い、膝が痛い…。 こんな訴えを患者さんから聞くと、何とかしてあげたくなりますよね。 痛みが取れるセラピストになる!これは、私の学生時代からの目標で、今でも慢性疼痛について勉強をしています。 そこで今日は、慢性疼痛を改善させるための、徒手療法について解説をし...