リハビリのゴール設定!具体的な達成基準と期間の決め方

リハビリ実習

皆さんは、日頃から自分で目標を立て、その達成に向けて努力をしていますか?

リハビリの実習では、適切な治療をする、患者さんに信頼されるなど、色々な目標を立てると思います。

ダイ吉
ダイ吉

プク太くん、次の実習の
目標は何にしたの?

プク太
プク太

今回は、評価を頑張る!
って目標にしたよ。

う~ん…。

患者さんにゴールを設定する際には、この内容では不十分です。もっと具体的な内容と、根拠を示す必要があるんですね。

そこで今日は、実習のレジュメ発表で、フルぼっこされた経験を持つ私が、ゴールの具体的な設定方法について解説したいと思います。

スポンサーリンク

良いゴール設定の条件

ではまず、良いゴールの条件について、確認をしていきましょう。

達成基準がある

1つ目の項目は、ゴールを達成した・できなかった、この基準があるかどうかです。

ちょっと、良い例と悪い例を並べてみます。

目標を立てる人良いゴール悪いゴール
陸上選手自己ベストを
1秒更新させる
速く走れるよう
努力をする
スーパーの店長商品廃棄量を
5%削減する
コスト削減を
頑張る
理学療法士500m連続歩行
を可能にさせる
体力の向上

2つの決定的な違いは、秒・%・mといった、単位が入っているかどうかです。

このように数値化しておかないと、本当に達成できたの?という部分が曖昧になります。

周囲の人間から文句が出ないように、明確な達成基準を用意しておきましょう。

達成期間がある

2つ目は、達成するまでの期間です。

目標を立てた!と言っても、何十年も先の話をされても困りますよね。

そこでリハビリでは、以下のざっくりとした分類が、一般的に使われています。

Goalの分類期間の目安
STG:Short Term Goal
ショート・ターム・ゴール
数日~数週間で
達成できそうなもの
LTG:Long Term Goal
ロング・ターム・ゴール
1~2ヵ月ほどで
達成できそうなもの
FG:Final Goal
ファイナル・ゴール
退院をするまでに
達成しておきたいもの

当然、急性期や回復期など、病院の特色によって、期間の目安は大きく前後します。

プク太
プク太

Term(ターム)って
どういう意味なの?

ダイ吉
ダイ吉

日本語で、期間って意味だよ。

たまに、「ターン」と読む人がいます。

意味が全く変わってくるし、聞いていて恥ずかしいので、正しくタームと読みましょう!

進捗状況がある

長距離の移動だと、必ず「どれ位で着く?」って聞く人がいますよね。

ゴール設定も同じで、達成までの期間が長いと、現在の位置が分かりにくくなります。

そのため、現在の進み具合が分かりやすい方が、良いゴールといえますね。

日々、更新されている

実は、ゴール設定は変更が可能です。

初期評価で決定したゴールは、途中で変えずにそのまま…、って考えている人が多いかもしれませんが、それは勘違いです。

プク太
プク太

ええ、途中で変えていいの?

ダイ吉
ダイ吉

数ヵ月も先のことなんて、
分かるワケないじゃん!

例えば、1ヵ月で立てるようになる!という目標があった時、患者さんが肺炎で2週間安静にしていたら、もう達成は不可能です。

その場合は、目標を下方修正し、また予定を組み直すのが当然ですよね。

だから、いつも最新情報に更新しよう!

スポンサーリンク

具体的なゴール設定

架空の症例を用意しましたので、一緒にゴールを設定しながら解説していきます。

【症例A】
転倒による頸部骨折により人工股関節術を施行。Demandは、自分で歩いて退院するということで、本日より歩行訓練開始。

【STG】
平行棒内での自立歩行(1週間以内)

【LTG】
T字杖を使用した100mの独歩獲得

では、いきますか。

STGを達成しよう

まずは、前半のSTGの達成を目指します。

1週間という期間で、平行棒内での歩行自立させるため、以下のように、4つの段階を付けてみました。

段階達成内容
1st step平行棒を使って
1人で立つことができる
2nd step平行棒に掴まりながら
左右に荷重移動ができる
3rd step平行棒に掴まりながら
1往復の歩行が可能になる
STG平行棒内であれば
自由に歩くことができる

最初は平行棒に慣れてもらい、その後、徐々に歩行に繋げていきます。

患者さんも意欲的で、かなり順調!

今週は、あと2日を残した段階で、平行棒内での歩行が可能となっています。

しかし、まだ緊張しており、自由にサクサク歩けるわけではありません。

でも、2日あれば行けるかな?って感じなので、このまま経過を観察します。

プク太
プク太

なるほど、ゴールにStepを
付けると分かりやすいね。

ダイ吉
ダイ吉

まぁ期間や進捗状況が、
一目瞭然になるからね。

では、このまま後半戦に進みましょう!

LTGを達成しよう

STG~LTGは、5段階の設定にしました。

平行棒を卒業して、少しずつ独歩に慣れさせる計画になっています。

段階達成内容
1st step平行棒を片手だけで
歩行が可能になる
2nd step平行棒内でT字杖を使い
歩行が可能になる
3rd stepT字杖と軽い介助で
歩行が可能になる
4th stepT字杖と近位見守りで
50mの歩行が可能になる
LTGT字杖を使用して
100mの独歩が可能になる

退院日が決まっていれば、残りの日数を勘案しながら、プログラムを調整したり、ゴールの内容を変更していきましょう。

プク太
プク太

細かく設定して、毎日更新する。
これを意識すればいいんだね。

ダイ吉
ダイ吉

今度の実習でやってみてね!

以上、リハビリの具体的なゴール設定でした。

おわりに

貯金やダイエット…。目標を立てることって、自分のことでも難しいですよね。

それを他人で実践するんですから、最初は上手くできなくて当然です。

まずは良いゴール設定の条件を理解し、焦らずコツコツと経験を積んで行きましょう。

ダイ吉
ダイ吉

それでは、良いゴールが
立てられますように。

関連記事 リハビリ実習生に教えたい!これが統合と解釈の書き方だ