身体に合う車イスを選ぼう!身体計測は理学療法士に任せろ

検査・評価
ダイ吉
ダイ吉

こんにちは、理学療法士で
専門学校教員のダイ吉です!

本日のテーマは、車イスのサイズ選びです。

理学療法士は、車イスを導入をする際に、身体との適合性についてよく相談されます。

プク太
プク太

車イスの作成なんかも
やるんでしょ?

ダイ吉
ダイ吉

うん、最初の設計から
手伝うこともあるんだよ。

でも、車イス仲介業者の人に聞くと、ほとんどのセラピストは、業者に丸投げらしいです。

 ・合いそうな車イス持ってきて

 ・身体に合わせて作ってあげて

う~ん、これってちょっと無責任ですよね。

ということで今日は、対象者に適合した車イスを選ぶための、身体計測についてお話します。

スポンサーリンク

身体に合う車イス

車イスの作成でも、レンタル品でも、身体に適合していないものはNGです。

座面の位置が高くて1人で立てない。車輪が大きいから、漕ぐとすぐに疲れる…。

導入してから、このようなクレームが出れば、患者さんとの信頼関係に傷が付きます。

プク太
プク太

う~ん、誰にでも合う
訳じゃないんだね。

ダイ吉
ダイ吉

数センチの差が、重大なミス
につながることもあるよ。

導入前にちゃんと計測し、納品の際には、しっかりとチェックアウトしてあげたいですね。

身体計測をする場所

車イスを選ぶ前に、理学療法士が計測したい部分は、全部で5ヵ所あります。

①アームレストの高さ

まず1つ目は、アームレストの高さです。

硬い台に座らせて、肘関節を90°屈曲させた時の、座面から肘頭までの距離を計測します。

【設定の目安】 計測値に +2~3cm

アームレストは、高すぎると疲れるし、低すぎると腕が乗せられません。

②座面の奥行き

次は、座面の奥行きを計測します。

計測する際は、骨盤をしっかり起こした状態で、仙骨後面から膝窩までを計測します。

【設定の目安】計測値から -5cm

座面の奥行きは、長いと膝窩に負担が掛かり、短いと姿勢が安定しません。

③座面の高さ

続いての計測は、座面の高さになります。

計測する際は、股関節と膝関節を90°屈曲させた状態で、膝窩から床面までを計測。

【設定の目安】計測値に +5cm

座面は、高すぎても低すぎても、1人で立ち上がれなくなるので、慎重に測りましょう。

また、厚めクッションを使う場合や、足漕ぎをする人は、あえて低めに設定して下さい。

プク太
プク太

なるほど、人によって良い
良い高さは変るんだね。

ダイ吉
ダイ吉

用途や環境によっては、目安の
数値も変化させないとね。

数値だけに捉われないよう注意!

スポンサーリンク

④バックレストの高さ

続いては、背中側の計測に移ります。

バックレスト(背もたれ)の高さは、骨盤を起こした状態の、座面から肩甲骨下角を計測。

【設定の目安】計測値より-7~10cm

左右差がある場合は、低い方の計測値を目安にしますが、ケースバイケースですね。

⑤座面の横幅

最後の座幅は、臀部の幅で決定します。

計測は座った状態で、両側の大転子間の距離を計測します。この時に、2冊の本で挟むと計測しやすいです。

ダイ吉
ダイ吉

デコボコしてても大丈夫。

プク太
プク太

ほう~、これなら計測も楽だね。

【設定の目安】計測値に+1~2cm

横幅が狭すぎると、圧迫による褥瘡のリスクになり、幅が広すぎると安定しない…。

ここもしっかりと計測してあげましょう!

納品時のチェックアウト

業者に依頼して、はい終わり!ではなく、対象者の納品時にも立ち会いたい所です。

理学療法士、業者、本人が協力して、この車イスで問題ないかチェックしましょう!

【納品時のチェック項目】

✅ 依頼した通りの車イスであるか

✅ 座った時に圧迫する場所はないか

✅ 座った時に隙間が空きすぎてないか

✅ フットレストの操作が1人で可能か

✅ 自走した時に腕は疲れないか

納品時は、車イスの使用方法や注意点など伝え、その他にも気になることについて、色々と相談に乗ってあげましょう。

ダイ吉
ダイ吉

うん、これでもう安心だ。

プク太
プク太

やっぱ理学療法士って

何でもできるね。

理学療法士の知識の無さ、やる気のなさで、患者さんが損をするのは避けたいからね。

おわりに

PT人生の中で、車イスの作成に関しては、12~13台ほど担当しました。

中には、申請が降りない、納品時に状況が変わったなど、色々なトラブルも経験しました。

車イスだけじゃなく、杖や装具の導入なんかでも、業者に丸投げするのは格好が悪いので、チャンスがあれば率先して担当してみてね。

ダイ吉
ダイ吉

それでは、身体に合う車イスが
納品できますように!